★☆いらっしゃい☆★
~独創の部屋~
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ラーメン
2010-10-29-Fri  CATEGORY: つぶやき
この間、用事で東京に行くことがあり、久々に渋谷に行ってきた。


その時、食べたつけ麺が美味しかったので、書いておこうと思う。


店名:つけ麺屋 やすべえ 渋谷店
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001149/

私が食べたのは、味噌味のつけ麺だけど、他にも辛い味のつけ麺とかもあった。



あと、贅沢を言うと。
美味しいのは間違いないけど、私的にはスープがぬるかった気がする。
あと、店員さんが元気なのはいいけど、声が大きすぎる。カウンターなので目の前で大声を出されると流石にうるさいと感じる。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1 コメント1
私が一人旅する理由
2010-10-26-Tue  CATEGORY:
私は一人旅が好きで、連休があればフラフラと何処かに行ってしまうのであるが、一人旅って楽しい?とか何でそんなことするの?と言われることがあるが、明確な答えを相手に伝えることはない。
何故か、別に相手にとってどうでもいいであろう事柄だからである。


だからかもしれないが、よく何も考えずに行動している。と言われがちである。
まぁ、別にそう思われていてもいいのであるが、ブログには本当の理由を書いてみようと思う。


私が一人旅を始めたのは、大学生の頃。
その頃は趣味として旅をしていた(今でもそうだけど)のであるが、社会人になってあるきっかけで旅する理由が変わってきた。


当時、新卒で会社に入社し1年程経った時、異業界から中途採用で入社されて来た方がいた。
その方は私よりもひとまわり上で、経験・実績全てにおいて優れていた。


当然、会社もそうであるが私も期待を寄せ、どんな営業をするのだろう。と考え見ていたのであるが、期待したほどの成果は上がらなかった。


その時、何故なんだろう。と考え、自分なりに出した結論が結果的に一人旅の理由を変えることになる。

それは、その人自身のスタイルが出来上がっていてしまっていたから。
もっと言ってしまうと、異質なものを取り入れなくなってしまっていたから。

どんな人でもそうだと思うが、経験や実績を積み重ねていくにつれ、自分のスタイルは形作られていく。
ブレない軸が出来るという意味ではいいのかもしれないが、同時に他のものを受け入れなくなっていってしまう。

これは非常に大事なことだと思う。
例えば、突然不況に陥った時、会社は攻撃型から守備型に変わらないといけないとする。
その時、同時に社員も変わっていかないといけない。そういった柔軟性といったものは非常に大切ではないのか。


上記のような経験がきっかけであったわけだが、話しを戻して何故一人旅なのか。

理由は一つである。知らない人と安宿で朝まで酒を飲んでいたりする中で、新しい発見が多々あるからである。


そういった今の自分にないもの(異質なもの)を取り入れていくことにより、柔軟性といったものを少しでも広げていこうという考えがあったから。


とは言っても、殆ど趣味の域は出ていませんが・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
ついにこの日が来たか
2010-10-13-Wed  CATEGORY: つぶやき
以前から周りの友人に対して禁煙するから!!

そう度々豪語していたにも関わらず、結局数日後には吸っていました。


しかし、昨今の増税及び社会的な圧力(喫煙場所を無くす)等により、遂にもう辞めよう。

そう決意し、9月30日午後8時にタバコを辞めました。



辞めたので気がついてきたことだと思うけど、禁煙者にとってタバコのニオイは不快以外の何ものでもないんだろうな。ということ。

今はまだタバコの煙を吸っても、いいニオイとしか感じないのであるが、数ヶ月後は不快なニオイになってるんだと思う。



今でもまだ1日に数回は喫煙欲が襲ってくるけど、何とかガマンしています。


頑張ります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
タイ古式マッサージ
2010-08-25-Wed  CATEGORY: つぶやき
体が物凄く痛いのでマッサージに行ってきた。


一年程前に一度足裏マッサージに行ったっきりなので、今回が二度目となる。


今回のコースは30分3千円


内容は足裏以外全身をマッサージしてくれるとのこと。


結果は・・・


行かなきゃよかった


疲れがとれたかというとそうでもなく、ある意味逆に疲れた感じがする。
詳しい内容はブログに書けませんが、正直二度と行くまい。

そう思わざるを得ないマッサージ店でした。


ちなみに、いかがわしいお店ではないのであしからず・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ツバメ
2010-08-23-Mon  CATEGORY: つぶやき
7・8月になると毎年のことであるが、実家にツバメが巣を作る。


毎年来るのは、恐らくツバメの帰巣本能によるものだと思われ、私は子供・曾孫が代々我が家に巣を作っているのだと思っている。

ただ、野生の宿命だと思うのだが、毎年のように何匹かのヒナは何らかの形で命を落とす。
カラスに襲われたりだとか、巣から落ちたりだとか、一度蛇に襲われたこともあった。


今年も例外なく、ヒナが命を落とした。

この間の朝、巣から落ちた生まれて間もないヒナがいたので、拾い上げ巣に戻そうとも考えたが、届かない場所にあるため餌を与えて飛び立つまで面倒を見ようと思った。

しかし、すぐに困難だということに気づく。

何故か、一番大きな理由はツバメはとにかく食べるということ。
子育てをしている親ツバメを観察していれば分かることだが、数分おきにヒナに餌を与えるため戻ってくる。

何故そんなに食べるかと言うと、ツバメは秋には南の島へ飛び立つ。
その時の体力をつけておかないといけないから。しかも燃費が悪い。

よって、短い期間で丸々太った状態まで持っていかなければならず、育てるとなると数分おきに餌を与えないといけない。
しかも、生きた蛾やバッタといった昆虫を与え続けないといけない。


もう一つは、寒さの問題。

ヒナはヒナ同士でくっついて暖めあわないと例え夏の夜と言えど、耐えれない。
なので、夜を無事乗り越えようと思うと夏だろうとガンガン暖房の効いた部屋に入れておかないといけない。


上記、2点の理由から人の手で野生のツバメを育てることは相当困難だと思われる。


実際私自身出来る限りの努力はしてみたが、残念な結果になってしまった。


可愛いから育てる・可愛そうだから面倒見ると言うのは簡単だが、実際育てるとなると相当難しい。
野生である故、下手に人間が手出しするのもどうだと思うが、出来る限りのことはやるべきかもしれないし、そのままにしておくのも必要かもしれない。

ただ、一つ言えるのは育てるならば責任は持たなければいけない。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ~独創の部屋~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。